1980円 ”Web限定販売!”【竹屋町刺繍】特選手刺繍金彩加工訪問着≪御仕立て上がり・中古品≫「波濤花短冊紋」帯合わせしやすい品良きデザイン身丈160 裄65 レディースファッション 和服 着物 ”Web限定販売 ” 竹屋町刺繍 【64%OFF!】 特選手刺繍金彩加工訪問着≪御仕立て上がり 中古品≫ 波濤花短冊紋 帯合わせしやすい品良きデザイン身丈160 裄65 1980円 ”Web限定販売!”【竹屋町刺繍】特選手刺繍金彩加工訪問着≪御仕立て上がり・中古品≫「波濤花短冊紋」帯合わせしやすい品良きデザイン身丈160 裄65 レディースファッション 和服 着物 /egoistical349503.html,レディースファッション , 和服 , 着物,”Web限定販売!”【竹屋町刺繍】特選手刺繍金彩加工訪問着≪御仕立て上がり・中古品≫「波濤花短冊紋」帯合わせしやすい品良きデザイン身丈160,1980円,裄65,ties-store.com /egoistical349503.html,レディースファッション , 和服 , 着物,”Web限定販売!”【竹屋町刺繍】特選手刺繍金彩加工訪問着≪御仕立て上がり・中古品≫「波濤花短冊紋」帯合わせしやすい品良きデザイン身丈160,1980円,裄65,ties-store.com ”Web限定販売 ” 竹屋町刺繍 【64%OFF!】 特選手刺繍金彩加工訪問着≪御仕立て上がり 中古品≫ 波濤花短冊紋 帯合わせしやすい品良きデザイン身丈160 裄65

”Web限定販売 ” 【期間限定お試し価格】 竹屋町刺繍 64%OFF 特選手刺繍金彩加工訪問着≪御仕立て上がり 中古品≫ 波濤花短冊紋 帯合わせしやすい品良きデザイン身丈160 裄65

”Web限定販売!”【竹屋町刺繍】特選手刺繍金彩加工訪問着≪御仕立て上がり・中古品≫「波濤花短冊紋」帯合わせしやすい品良きデザイン身丈160 裄65

1980円

”Web限定販売!”【竹屋町刺繍】特選手刺繍金彩加工訪問着≪御仕立て上がり・中古品≫「波濤花短冊紋」帯合わせしやすい品良きデザイン身丈160 裄65



◆最適な着用時期 10月~翌年5月の袷頃

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません

◆着用シーン パーティー、お稽古、芸術鑑賞、観劇 など

◆あわせる帯 袋帯、フォーマル向きのデザインの綴れの名古屋帯 など
表裏:絹100% 縫製:手縫い
背より身丈160cm(適応身長155cm~165cm) (1尺 5寸 8分)
裄丈65cm (1尺 7寸 2分) 袖巾33cm (8寸 7分)
袖丈48.5cm (1尺 2寸 8分)
前巾25.5cm (6寸 7分) 後巾29.2cm (7寸 7分)
◆紋:縫い紋1つ『木瓜』 糸色:金糸

【裄丈のお直しについて】
概算ではございますが、以下の最長裄丈までお出しできるものと思われます。
≪最長裄丈≫ 裄丈70cm (1尺 8寸 5分) 袖巾35.5cm (9寸 4分)
※目視での縫込みの確認による概算となります。
※寸法を最大寸まで変更する場合胴裏の交換が必要となる場合がございます。
詳細はお気軽にお問い合わせ下さいませ。


【 仕入れ担当 渡辺より 】
金彩に、竹屋町刺繍にてお柄が表現された、
すっきりとしたデザインの特選訪問着のご紹介です。

刺繍と金彩が見事に調和した一品。
帯合わせで様々に装っていただけることでしょう。


【 お色柄 】
滑らかな絹地を、鼠色に染め上げ、
遠山ぼかしに、金彩の濃淡と竹屋町刺繍にて、
典雅な葡萄唐草があしらわれております。

葡萄はたくさんの実を結ぶ様子から、古くから
吉祥のお柄としてもてはやされて参りました。
豊穣のシンボルともいえる図案で、葡萄の結実期の
秋以外でもご着用いただけるお柄です。

【 商品の状態 】
掛衿に画像のような筋状の汚れがございます。
(※画像の黄色矢印の幅は1cmです。)
お手元で現品を確認の上、お値打ちに御召くださいませ。

【Web限定販売品について】
Web限定のお値打ち価格にてご紹介いたします。

※本品はWeb限定販売品のため、実店舗・展示会への
お取り寄せは出来かねます。予めご了承下さいませ。

※本品はご注文をいただいてから、お取り寄せいたします。
お届けまでに1週間程度お時間を頂戴いたします。
その点ご了承くださいませ。

※ゴールデンウィーク・祇園祭・お盆・年末年始の
長期休暇にかかります場合は、通常納期にその期間を
加えてご注文いただきますようお願いいたします。




*****************************************
竹屋町刺繍について
*****************************************
平金糸、平銀糸、色糸を一目毎にあらかじめ
計算したとおり糸目を数えて繍う技法。
竹屋町縫いとも呼ばれる。
京都二条城の東に位置する竹屋町で、豊臣秀吉が
刺繍職人を集め住まわせ作られた刺繍に端を発する。
もともとは紗の生地の目に沿って、下絵や文様の
指図に従い、一目ごとに糸をねじることなく
縫いながら柄をつくる、非常に高度で高価な刺繍技法である。
※仕立てあがった状態で保管されておりますので、たたみシワなどがあることがございます。この点をご了解くださいませ。
※着姿の画像はイメージ写真です。柄の出方が少々異なる場合がございます。
[文責:牧野 佑香]

▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

”Web限定販売!”【竹屋町刺繍】特選手刺繍金彩加工訪問着≪御仕立て上がり・中古品≫「波濤花短冊紋」帯合わせしやすい品良きデザイン身丈160 裄65