SOUYI,JAPAN,〔直送品〕〔沖縄離島発送不可〕,707円,JAPAN,水素水生成器,SOUYI,家電 , キッチン家電 , 水素水生成器,ties-store.com,/mesothetic195618.html,SY-065 707円 SOUYI JAPAN SOUYI JAPAN 水素水生成器 SY-065 〔直送品〕〔沖縄離島発送不可〕 家電 キッチン家電 水素水生成器 SOUYI JAPAN 超話題新作 水素水生成器 SY-065 〔直送品〕〔沖縄離島発送不可〕 SOUYI JAPAN 超話題新作 水素水生成器 SY-065 〔直送品〕〔沖縄離島発送不可〕 707円 SOUYI JAPAN SOUYI JAPAN 水素水生成器 SY-065 〔直送品〕〔沖縄離島発送不可〕 家電 キッチン家電 水素水生成器 SOUYI,JAPAN,〔直送品〕〔沖縄離島発送不可〕,707円,JAPAN,水素水生成器,SOUYI,家電 , キッチン家電 , 水素水生成器,ties-store.com,/mesothetic195618.html,SY-065

SOUYI JAPAN 超話題新作 水素水生成器 SY-065 〔直送品〕〔沖縄離島発送不可〕 安い 激安 プチプラ 高品質

SOUYI JAPAN SOUYI JAPAN 水素水生成器 SY-065 〔直送品〕〔沖縄離島発送不可〕

707円

SOUYI JAPAN SOUYI JAPAN 水素水生成器 SY-065 〔直送品〕〔沖縄離島発送不可〕








●こちらの商品はメーカー・取引先からの直送品となります。お客様都合によるご注文後のキャンセルはできませんのでご注意ください。またお届けしました商品のお客様都合による「返品・交換」も承ることができませんので、商品のスペック・納期等ご確認いただき、お間違いのないようお願いします。
●沖縄・離島への配送は出来ません。予めご了承ください。
--------------------------
様々なシーンで活躍する便利手軽な水素水生成器
【 超速!たった3分で水素水を生成 】
朝の忙しい時でも作りたての水素水を手軽に補給できます。

【 若々しくありたい人に 】
水素水は健康や美容を考える方から支持されています。

【 抜群の機能性!手軽に水素水を補給♪ 】
■ワンタッチの簡単操作
■ACアダプターUSBケーブル付
■約7500回分繰り返し使えます
■600~700ppbの濃い水素水を実感
■充電式でコンパクトだから持ち運び可能
■日本水素水振興協会認定商品
■水素のある生活で健康ライフを
本体サイズ:約直径73mm×高さ200mm
質量:約420ml(ボトル部)
入力電源:USB5V 1A
内蔵電池:リチウムポリマー 二次電池(バッテリー)
充電時間:約3~4時間(USB充電時)
連続使用回数:満充電時15~18回
バッテリー寿命:約500回の満充電可能(水素水生成約7500回)
保証期間:1年
生産国:中国

SOUYI JAPAN SOUYI JAPAN 水素水生成器 SY-065 〔直送品〕〔沖縄離島発送不可〕

スープ賢人 抱っこひも BELK. Fundy-Fundy(フンディ-・フンディ-) マツダアクセラ グッドムービングひざサポーター コアバランス機能商品 腰部サポートウェア rakunie(ラクニエ)
  • その時代の「人」が、安全、安心、快適、健康、便利を実感できるような生活環境の実現を目指して活動する一般社団法人です。

  • 会員等から人間生活工学に関連する研究テーマを募り、テーマごとに研究会を設置し、会員主体の活動を行っています。

  • 国等からの委託により、人間生活工学に関わる研究開発事業、調査研究事業を行っています。

  • 人間生活工学に基づく製品開発を支援するため、各種コンサルティングを行っています。

  • 人間生活工学を実践できる組織づくり、人づくりを支援するため、講座、セミナーなどを開催しています。

  • 当センターは、設立の趣旨に賛同して入会された、法人・個人の支援により運営されています。

人間生活工学とは、私たちの「安心・安全・快適・健康・便利」な生活を実現するための“ものづくり”の考え方と技術です。生活とは、家庭にとどまるものではなく、仕事、余暇、勉学など、人の営みすべてです。そして人間生活工学に基づくものづくりとは、作られる“もの”(製品やサービス)を、その使い手の視点において設計し、また“作るプロセス”(生産や物流などのシステム)を、そこに携わる人の視点において設計することです。人間生活工学の対象は製品やサービスのみならず、空間や環境、仕事や暮らしも含まれます。ものを生み出すメーカーはもとより、製品やサービスを生活者へ届ける流通、販売や、生活者自身のよりよい暮らし設計のためにも必要な技術です。